菱信データ株式会社 代表取締役社長 遠山彰

ご挨拶

代表取締役社長 遠山彰より当社ウェブサイトをご覧の皆さまへのご挨拶とメッセージです。

これからも障がい者が主役となる職場を目指して

菱信データ株式会社 代表取締役社長 遠山彰

私たちは、今日まで創立から40年にわたる歴史の中で、障がいのある社員と共に、試行錯誤を繰り返し、様々な経験を積み上げてきました。

こうした中で、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の一員として、グループ経営ビジョンのもと、現在は、「仲間への思いやり」、「自立から自律へ」、「高品質の事務サービス」という、3つのキーワードを“活動の指針”に掲げています。

これら3つのキーワードは、約1年をかけて、社員全員で、社員一人ひとりが「どういう気持ちで仕事に向き合うべきか」を懸命に考え、意見交換を繰り返しながら、導き出したものです。私は、この活動指針を支えるためには、「笑顔」と「コミュニケーション」が大切だと、考えています。

笑顔がある、一緒に働く仲間がいる。仲間を信じて、お互いを補い合うコミュニケーションとチームワークがある会社。40年間の歩みを礎に、今後も障がい者が「主役となる職場環境づくり」を続けていきます。社員が明るく元気に活躍する会社、三菱UFJ信託銀行グループの特例子会社、菱信データのこれからにご期待ください。


インタビュー動画を見る